リメリー 成分

リメリーの成分について

リメリーを使用する前に知っておきたいのがリメリーに含まれる成分についてですよね。

 

どのような成分が含まれているのか、そして副作用や安全性は問題ないのか、
ということについて調べてみました!

 

↓リメリーに含まれる全成分

 

まずリメリーに入ってている成分ををすべて並べてみます。

 

水溶性プラセンタエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、精製水、リン酸水素ニナトリウム、リン酸ニ水素ナトリウム、
1.3-ブチレングリコール、1.2-ペンタンジオール、ジグリセリン、フェノキシエタノール、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、
アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸、ツボクサエキス、オウゴンエキス、イタドリエキス、
カンゾウエキス、チャエキス(1)、ローズマリーエキス、dl-αトコフェロール2-L-アスコルビン酸リン酸時エステルカリウム塩、
ポリオキシエチレンヤシ湯脂肪酸ソルビタン(20E.O.)、カモミラエキス(1)、ニーム葉エキス、ダイズエキス

 

この成分の中で、いちご鼻の改善のために効果的とされる重要な成分が以下8つの成分です。

 

カモミラエキス、プラセンタ、 大豆イソフラボン、マルチEX BASAM、EPC、
グリチルリチン酸ジカリウム、ニームエキス、ヒアルロン酸

 

この8種類の成分が肌にどのように作用して、副作用は問題ないか、
安全性について以下調べてみました。

 

カモミラエキス

カモミラエキスとは、カモミールから抽出された成分です。とても肌に優しいことが特徴です。
このエキスは、炎症をおさえたり、血行をよくしてくれる作用があります。

 

日中紫外線を浴びすぎても、メラニン細胞が増えないようにおさえてくれる効果も持っていると言われています。
カモミラエキスは、植物由来ですから激しい副作用はありませんが、
キク科の植物に対してアレルギーのある方は注意が必要です。

 

 

プラセンタ

抗炎症作用があるので、ニキビの予防につながります。ニキビ跡のが目立たなくなります。
タンパク質やアミノ酸が含まれているので、アレルギー反応が起こる場合があるとされています。

 

 

大豆イソフラボン

女性ホルモン「エストロゲン」に似た働きをしてくれます。より女性らしくなり、若々しさを保つことができます。
副作用としては、大豆アレルギーのある方は、注意してください。

 

 

マルチEX BASAM

抗炎症、免疫調整作用のとても強いツボクサ、オウゴン、イタドリ、チャ、オーズマリー、
カモミラの天然ハーブ成分を抽出したもので、アレルギー性の炎症を抑えてくれます。
こちらも、完全に植物由来成分ですから、アレルギーを持っている方は、要注意です。

 

 

EPC

ビタミンCとビタミンEの誘導体です。
皮脂分泌やアクネ菌が増えるのをおさえてくれます。
すると、老廃物ポルフィリン量が減り、活性酸素も発生しにくくなります。
ビタミンC誘導体の副作用は、肌がピリピリとした刺激を受けます。低濃度でしたら心配はいりません。

 

 

グリチルリチン酸ジカリウム

これは、漢方薬の甘草(カンゾウ)の根や茎から抽出した成分で、炎症を抑えてくれて、アレルギーに対抗してくれます。
敏感肌の人はすぐに顔が赤くなりますが、炎症を抑えて赤味が出ないようにします。
こちらの副作用は、過剰に摂取(1日に40mg以上)すると、偽アルドステロン症という副作用の症状が起きる可能性があります。
しかし、日本の化粧品は、成分含有量が厳しく決められていますから、決められた量を使えば、何も問題はありません。

 

 

ニームエキス

ニームの木からの抽出液。こちらも、肌の炎症を抑えてくれます。
また、美白作用もあります。
副作用としては、摂りすぎになると、不妊になったり、肝臓・腎臓に作用をします。
しかし、石けんや歯磨き粉にも入っている成分ですから、普通に使っていれば、心配はいりません。

 

 

ヒアルロン酸

角質の中の水分をがっちりとつかんで、水分の蒸発を防いでくれます。
ヒアルロン酸は元々体内に持っている成分なので、副作用などのリスクはほとんどありません。

 

以上リメリーの成分について調べてみました!
リメリーは基本的に自然の成分ばかりですので、副作用もなく、安心して使用できるようですね。
(※アレルギーをお持ちの方は注意が必要です)

いちご鼻でお悩みならコレ!

リメリー(Remery)